性暴力

    1: 虎跳 ★ 2019/12/31(火) 09:39:01.94 ID:CAP_USER
    旧正月の女子大生強姦殺人事件、被告6人に死刑判決

    2019年のテト(旧正月)の連休中に西北部地方ディエンビエン省ディエンビエン郡で発生した女子大生強姦殺人事件で、同省人民裁判所は29日、被告9人のうち6人に死刑判決を下した。裁判は同省ディエンビエンフー市の運動場に傍聴席6000席を設けて行われた。

     この事件は、テトで里帰り中だったC・T・M・Dさん(当時22歳)が、母親が売る鶏を配達する途中で拉致され、複数人から性的暴行を受けた末に殺害されたというもの。主犯格であるビー・バン・トアン被告(男・37歳)は仲間と共謀しDさんを拉致した後、メンバーの1人であるブイ・バン・コン被告(男・44歳)の自宅に監禁し、複数人がかりでDさんを何度も強姦した末に殺害、死体を隣の空き家に遺棄した。

     今回の事件はDさんの実母がトアン被告に対し麻薬購入代金の支払いを渋ったことが発端となった。Dさんの実母は別の麻薬密輸密売事件で禁固20年の判決を言い渡されている。

     裁判所は「悪質で更生の余地はなく、社会から永久に排除する必要がある」として、殺人罪と資産強奪目的拉致罪に問われていたトアン被告に死刑、殺人罪と資産強奪目的拉致罪、強姦罪に問われていたコン被告を含む被告5人にも死刑の判決を言い渡した。

     強姦罪に問われていた被告2人は9年と10年の禁固刑、犯人蔵匿罪に問われていたコン被告の妻ブイ・ティ・キム・トゥー被告(女・44歳)は3年の禁固刑を言い渡された。

    ベトジョー
    https://www.viet-jo.com/news/social/191230180209.html
    no title

    【【ベトナム集団強姦殺人】旧正月の女子大生強姦殺人事件、被告6人に死刑判決】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/12/28(土) 20:57:32.79 ID:Z9CIDjBc9
    19歳少年が自分を性虐待していたカトリック聖職者を殺害して逮捕された。
    十字架を被害者の喉に詰め込み、窒息死させた疑いがもたれている。

    事件が起きたのは、フランス北部オワーズ県のアニエッツ。
    19歳少年のアレクサンドル V.容疑者が先月4日、ロジャー・マタソリ神父(91)の自宅を訪問。

    幼い頃に受けた性的虐待の復讐をするため、神父の口に十字架を押し入れ、窒息死させたのだ。
    殺人および虐待などの罪で逮捕されている。
    ロジャー神父は1960年から2000年の間、アレクサンドル容疑者と彼の父親を含む、少なくとも4人の児童を虐待していたことが判っている。

    **************
    <海外の反応>

    この神父には同情できないわ...

    スゲー殺し方だ。相当恨んでたんだろうな!

    犯人「十字架食らってあの世に逝ってろクソジジイ」

    ー 映 画 化 決 定 ー

    少年は悪くないな、無罪でいいよもう

    殺すのは間違ってるけど人生狂わされたんだもんなぁ、仕方ない気もする

    自分も悪魔のようなシスターに育てられた
    今思い返すとあれは逮捕されないとダメだわ

    聖職者のこと全然気の毒に思わない。復讐して何か変わるってものでもないだろうけどね
    **************

    アレクサンドル容疑者の父親は、息子が虐待されていたことを知り絶望。
    「(神父が)家族を崩壊させた」と言い残し自殺した。

    そして少年自身も虐待後に自殺を試みたという。
    1984年に児童性的虐待の証拠が出てからもロジャー神父は否認し、聖職者の地位に居続けたようだ。

    2018年まで給与支払が発生していたとの報道もある。
    逮捕後は精神鑑定を受けていたアレクサンドル容疑者だったが、今月26日に正式に罪に問われることになった。

    **************
    <海外の反応>

    パパも虐待されてたのかよ(´;ω;`)ブワッ

    あぁ神よ・・・

    正義の鉄槌

    罰は30分のコミュニティサービスとかで許してやって。少年にとってみれば自分も父親も殺されたようなものだろうしね

    カトリック聖職者は地獄に落ちろ!!!

    子供好きな聖職者ほど信用できない人はいないね?

    教会はこの問題を本当どうにかしてくれ
    隠蔽体質もいい加減改めろよな

    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577534252/

    【【性的暴行に反逆】自分と父親を何十年にもわたり性的虐待し続けた神父の喉に十字架をねじ込んで窒息死させた少年が逮捕】の続きを読む

    1: 首都圏の虎 ★
    結婚相手の娘(当時14)と性交をしたとして、監護者性交等罪に問われた義父(45)の判決が17日、津地裁であった。

     田中伸一裁判長は懲役7年(求刑懲役8年)を言い渡した。

     判決によると、義父は1月上旬~2月上旬ごろ、三重県内の自宅で、同居していた結婚相手の娘が18歳未満であることを知りながら性交をした。

     義父は2014年ごろから娘と同居していた。今年2月、娘は母親から義父と風呂に入るのが嫌ではないかと尋ねられた際に、母親に被害を告白。その翌日、通学していた中学校の教員に被害を申告した。

     義父は捜査段階で性交したと認めていたが、公判では「性交渉は一切していません」と否認に転じた。捜査段階で自認したのは「性交渉」の概念を勘違いしていたためとし、無罪を主張していた。


     一方、公判で証人となった娘は、1年間で5回ほど性交させられていたと証言した。

     判決では、娘の供述内容は具体的で明確だったと判断。羞恥(しゅうち)心を生じさせる内容で虚偽の供述をする事情はないとした。一方、義父の公判での供述は合理的でないなどとして「信用できない」と結論づけた。

     さらに「娘が幼く、知的障害もあり、精神面や経済面で義父に依存せざるを得ない未熟さにつけ込んだ犯行は卑劣で悪質」と指摘。「動機や経緯に酌むべき事情は全くなく、常習性もうかがえる」と批判した。

     義父は被告人質問で娘が小学6年生のころから、他の家族がいないときに体を触るなど性的な行為を行っていたと発言。「(娘の)体も変化して欲求がわいてきた」と話していた。被害者である娘に対しては「わいせつ行為はやってはいけないのでかわいそうというか、すみません」と話した。

     公判で証人として法廷に立った娘は、義父のことを「お父さん」と呼んでいたといい、性交は「嫌だった」とか細い声で話した。義父への心情を問われると「うざい」と一言漏らした。
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576579530/

    【【未成年近親相姦】結婚相手の14歳娘と性交、義父に懲役7年判決 津地裁 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 
    ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が、元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(53)から15年4月に性的暴行を受けたとして、1100万円の損害賠償を求めて起こした民事訴訟の判決で、東京地裁(鈴木昭洋裁判長)は18日、山口氏に330万円を支払うよう命じた。

    伊藤さんは判決後、集まった支援者に「ありがとうございました。正直、勝訴と聞いても、うれしい気持ちにはなかなかならなかったんですけど…でも、このプロセスが大事だと思って。いろいろな方に支えていただいた」と涙ながらに感謝の言葉を述べた。その上で「心は一緒だよ、どんな結果になっても大丈夫だよと、朝から声をかけていただき、結果があってもなくても、と私は思っていた」と語った。

    伊藤さんは当初、準強姦(ごうかん)容疑で警視庁に被害届を提出したが、東京地検は16年7月に嫌疑不十分で不起訴とし、東京第6検察審査会も翌17年9月に、不起訴を覆すだけの理由がないとして不起訴相当と議決している。判決後、取材に応じた伊藤さんは「刑事事件で不起訴となってしまったこともあって、どんな証拠、証言があったのか、私たちは全て知ることが出来なかった。不起訴という言葉だけで終わらせてしまった。その点は、民事訴訟を起こすことで公に出来る証言、新しい証言、こちらの言い分だったり、しっかりと聞けたのは良かったところ」と民事訴訟を起こした意義を強調。「民事ということで、地裁に来れば皆さんに閲覧していただける。オープンになったのではないかなと」と語った。

    その上で「元々、17年に会見させていただいた時もそうなんですけど、私が経験したのは性暴力でしたけど、社会における性暴力者を取り巻く環境が、本当に遅れているなという思いでお話ししました。来年は刑法の改正の見直しもあります。直さなければならない部分がたくさんある」と訴えた。

    一方の山口氏は判決後、ぶぜんとした表情で法廷から退出した。その後は表情を変えず、努めて冷静に振る舞い、裁判所を後にした。伊藤さんは山口氏に対して思うことを聞かれ「私たちのケースだけでなく、どういった構造で行われたか、彼自身も向き合い、解決してくれるようになったら」と語った。

    伊藤さんは「長かった…長かったです」と苦しい日々を思い起こし、泣いた。そして「私の見ているこの景色は、以前と全く違うもの。まだまだ司法がきちんと関わらなければ、こういう事件はなかったことにされてしまう。法律、報道の仕方、教育…まだまだ宿題はあると思いますが、これを1つのマイルストーンとして、皆さんと1つ1つ、考えていけたら」と訴えた。【村上幸将】

    [2019年12月18日11時38分]
    https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201912180000298.html
    no title


    ■他ソース
    伊藤詩織さんが勝訴 「合意のないまま性行為」認める
    https://www.asahi.com/articles/ASMDK524XMDKUTIL02V.html
    山口氏は18日午後に都内で会見を開く予定だが、山口氏が当時勤務していたTBSは「元社員の在職中の事案であり、誠に遺憾です」とのコメントを出した。


    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576642519/ 【【性暴力】伊藤詩織さん涙 「長かった…長かったです」 東京地裁、合意のないまま性行為認める TBS「元社員の事案、誠に遺憾」 】の続きを読む

    このページのトップヘ