外国

    1: 黒(ジパング) [US] 2020/01/28(火) 08:16:12.42 
    イオンは27日、武漢市内の総合スーパー(GMS)5店について、中国政府の要請を受けて営業を継続すると明らかにした。
    GMS5店のうち3店はイオンモール内に設置されているが、モール内の専門店などは当面休業することを決めた。

     また、市内に駐在する日本人社員12人は、GMSなどの運営にあたる一部の社員を残して政府が用意するチャーター機で日本に帰国させる。
    「帰国後の対応は決まっていない」(広報)という。社員の家族は全員が既に帰国しているという。

    【#イオン 、#武漢 の店舗について営業継続を表明!日本人社員も残す】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2019/12/31(火) 14:58:07.66 ID:6CEMbJxM9
    会見より

    【【ゴーン逃亡は無敗弁護士の策略か】弘中弁護士「寝耳に水。テレビで知った。当惑している。ビックリした。相当大きな組織が動かないと難しいのではないか」】の続きを読む

    1: マスク着用のお願い ★ 2019/12/28(土) 18:39:22.84 ID:Q6F8Ufi/9
    「2015年の慰安婦合意は政治的な合意であり、慰安婦被害者の法的地位に影響を及ぼすとみることはできない」。

    27日、韓国憲法裁判所は韓日慰安婦合意は違憲審判の対象ではないと判断した。姜日出(カン・イルチュル)さんら被害者29人と遺族など12人が「韓日慰安婦合意発表が違憲であることを確認してほしい」と訴えてから3年9カ月後、憲法裁は裁判官全員一致の意見で請求を却下した。却下は訴訟の要件を満たさず本案自体を判断する必要がない場合に下す決定だ。

    憲法裁は慰安婦合意が被害者の基本権を侵害する可能性や危険性を持たないと見なした。慰安婦合意が法的拘束力を持つ条約でなく「合意」に該当すると判断したからだ。憲法に明文化された「条約」に関する概念はない。ただ、憲法第60条第1項などに条約が言及されている。条文には、国会が主権の制約に関する条約、立法事項に関する条約などに締結・批准に対する同意権を持つとなっている。また、憲法第73条は大統領に条約締結権を付与し、憲法第89条第3号は条約案で国務会議の審議を経なければならないと定めている。

    憲法裁はこうした条約と合意を明確に区分した。憲法裁は「国家間の合意は拘束力を付与するにはあまりにも抽象的や具体性がない内容を含んでいて、条約締結の形式的な手続きを踏むこともない」と説明した。続いて「合意を履行しない国家に対して抗議や批判の根拠になることはあるが、法的拘束力とは区別される」と決定文に明示した。慰安婦合意が法的拘束力がない合意なら、それによって国民の法的地位は影響を受けないため、違憲審判の対象にならないと決定したのだ。

    被害者を代理する民主社会のための弁護士会(民主弁護士会)側は「被害者の傷を癒やす機会を憲法裁が果たせなかったのではという残念な思いがある」と立場を明らかにした。ただ、「政府が合意自体の性格や効力を考慮して果敢に合意を破棄したり、再交渉に進むきっかけを用意したのではないかと考える」と述べた。

    ◆憲法裁「権利・義務が不明な抽象的・宣言的合意」

    2015年の韓日政府間の慰安婦合意に対する違憲訴訟の争点は、この合意が国家間の「条約」か「非拘束的合意」かということだった。憲法裁は「非拘束的合意」と判断した。これに関連し憲法裁は条約と合意を区分する形式的・実質的側面を詳細に決定文に記した。形式的には▼合意の名称▼書面かどうか▼国内法上の法的手続きを経たか--などを考慮する。実質的には▼法的拘束力を付与しようとする当事者の意図が認められるか▼具体的な権利や義務を生み出すか--など実体的な側面を総合して判断しなければいけないと書いた。

    まず、当時の合意は口頭形式でなされた。2014年4月から局長級協議をしてきた韓日両国は同年12月28日の高官級協議の合意内容を韓日外相が口頭で確認し、共同記者会見で発表した。韓日首脳は電話会談でこれを追認した。

    憲法裁は当時、慰安婦合意は書面で行われず、韓国では「記者会見」、日本では「記者発表」で通常の条約とは異なる名称がついたと指摘した。韓日両国が激しく対立する問題であるにもかかわらず、国務会議の審議や国会の同意など条約締結手続きがなかった点も根拠になった。憲法裁は「全体的にあいまいであったり日常的な言語で表現されていて、国際法上意図を推断するほどの表現はない」と、この合意を条約と見なさない理由を詳細に説明した。

    また憲法裁は韓日慰安婦合意に基づき、韓日両国がいかなる権利と義務を負うかが不明だと見なした。憲法裁は「慰安婦被害者の被害の原因や国際法違反に関する国家責任、日本軍関与の強制性や不法性も明示されていない」とし、財団設立および日本政府の出捐についても「具体的な計画や義務履行の時期・方法・不履行の責任が定められていない抽象的で宣言的な内容」と判断した。

    「最終的、不可逆的解決」や「国際社会の非難・批判自制」という表現も両国の法的関係を作り出すことはできないと判断した。

    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577525962/

    【【慰安婦合意】韓国憲法裁判所、政治的な合意であり、法的効力ない】の続きを読む


    1: SQNY ★ 2019/10/24(木) 
    バングラデシュで校長から性的暴行を受け、それを告発したために女子生徒が火炙りにされ数日後に死亡した事件で、16人に死刑判決が下った。

    今年4月、ダッカから100マイルの所にある小さな町の学校の屋上で、ヌスラト・ジャハン・ラフィさん(19歳)は縛られた上で灯油をかけられ燃やされた。

    校長のSiraj Ud Doulaは、この事件で有罪となった3人の教師のうちの一人だった。
    判決を受けた者の中には2人の地元政治家もいた。

    検察官は、実行犯がヌスラトさんに校長への苦情を取り下げるよう圧力をかけ、彼女がそれを拒んだため火をつけたと述べた。

    実行犯は、彼女を炙り殺して自殺に見せかけるように画策したが、彼女を縛るために使われたスカーフが燃えて彼女の拘束が解け、彼女が体に大火傷を負いながらもその場から助けを求めて走って逃げた事で失敗した。

    火がついたまま走って助けを求めて走った彼女は、体全体の80%もの火傷を負って病院に運ばれ、息が途絶えるまでこの犯罪と戦うと誓ったが、5日後に病院で亡くなった。

    「バングラデシュの裁きにおいて、何者も殺人の罪からは免れない事を証明するという法の支配があります。」検察官は、判決に従いそう述べた。

    彼女の死は人々の怒りの引き金となり、南アジアでの性被害事件が増加しているという事を強調した。
    首都ダッカでは抗議者がこの殺人者たちに対して「相応しい刑罰」が与えられるようにとデモを行った。

    この殺人事件の後バングラディシュは、性暴行事件を防ぐために約27,000の学校に対策室を設置するよう命じた。

    この事件での聴取はわずか62日で、判決まで早急に進められた。
    14106982-7081207-image-m-62_1559146307382.jpg (634×691)
    http://egg.5ch.net/test/read.cgi/news5plus/1571913256/ 【【バングラデシュ火炙り事件】女子生徒が校長から性的暴行を受け告発の撤回を断って縛られ炙り殺された事件で校長を含む16人に死刑判決 】の続きを読む

    1: プレアデス星団(東京都) [US] 2019/12/12(木) 03:41:24.15 
    柳在洙元釜山市副市長・共に民主党専門委員、宋哲鎬蔚山市長選挙介入下命捜査議論、ウリドゥル病院巨額不法融資疑惑などいわゆる「3大親文ろう断ゲート」に対する検察の調査が続き、文在寅政権の存立自体に対する憂慮の声が高まっている。
    10日、政界では沈黙を守っている文在寅大統領への糾弾の声が殺到した。

    検察の刃は徐々に権力の頂点に向かっている。
    検察によると、青瓦台のチョン・ギョンドク総務人事チーム先任行政官、尹建永国政企画状況室長、金慶洙慶南知事など政府の元・現職核心人物が一斉に召還され、取り調べを受けた。
    このため、該当ゲート議論の中心だった民情首席ラインの一番上のライン、チョ・グク元法務長官に対する召喚調査も遠くないという観測が多い。

    現在、提起されている疑惑が事実と判明した場合、文在寅政権が直面することになる余波は侮れないという展望だ。
    現在、政府がより批判を受けている部分は、青瓦台の釈明と総最終責任者である文在寅大統領の沈黙だ。
    実際に青瓦台が釈明をする度に、これを覆す供述や情況が出るなど、野党では「政府は羊飼いの少年になりつつある」との嘲弄の声が出ている。

    野党「青瓦台、国民不信を自ら招いている。反憲法・反民主的権力型犯罪」
    自由韓国党のキム・ソンウォン報道官はこの日「青瓦台が国民の不信を招いている」とし、
    「蔚山市長選挙介入と関連し、青瓦台のすべての釈明が毎日のように嘘であることが明らかになっている。諜報をそのまま移しただけと言い、一部だけを編集して整理したと言うなど、青瓦台内部でも言葉が変わり続けている」と皮肉った。
    同党のイ・マンヒ院内報道官は、文大統領に対して、「直接捜査を指示したが、竜頭蛇尾に終わった”過去の政府時のこと”とは比べものにならないほど、反憲法的で反民主的な権力型犯罪であるにも関わらず、
    文大統領は形式的な真相究明の指示はもちろん、最低限の遺憾表明すらしていない」とし、
    「青瓦台と民主党がすでに大統領のための尻尾切りと責任回避に入ったのではないかという疑問の声が高い」と指摘した。

    http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/56183866.html
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1576089684/ 【文在寅早くもレームダック化。そして恒例の大統領の未来に暗雲。検察の刃が迫る。】の続きを読む

    このページのトップヘ